【不妊治療で2割退職】という新聞の記事について:はりきゅうマッサージサロンRaiz(ライス)板橋

鍼灸治療・マッサージのご予約・問い合わせはこちら
  • ホーム
  • 治療料金表
  • 院長プロフィール
  • 治療院ご案内・アクセス
  • よくあるご質問
トップ >> ブログ >>【不妊治療で2割退職】という新聞の記事について

【不妊治療で2割退職】という新聞の記事について


昨日の東京新聞の一面にこんな記事が出ていました。

20171120.jpg

不妊治療に関する記事が一面の最初の記事になっていることが

ことの切実さを表しているように思います。

 

【不妊治療で2割退職】

インターネット調査での結果だそうですが

不妊治療と仕事の両立が困難で

働き方を変えざるを得なかった、と回答した人が

5127人中2232人、さらにその半数1119人は退職していた、とのこと。

 

病院での不妊治療を受けていると

頻繁に通院することが必要で

月経周期に合わせて受診日が決まることもあるため

お仕事も急に休みを取らねばならなかったり遅刻をしたりして

職場の人たちに迷惑をかけてしまうことが心苦しい、とか

休みを取りたくても言いづらいし、それが苦痛だという話を

本当によく耳にします。

実際、転職された方や正社員からパートになった患者さんの

お話も聞いたことがあり、

記事にあるような不妊治療の現状を

患者さんを通して間接的に目の当たりにしています。

  

また、不妊治療にかかる費用は高額なので

金銭的な負担が大きくて大変だということも

だから仕事を辞めるわけにはいかないのだという

お話を聞くこともしばしばです。

  

 

以前、婦人科での健診帰りにお見えになったとある患者さんが

「最近不妊の人が多いって言うけど本当かしら。

病院にいても、そんな人どこにいるの?って感じだった」と

おっしゃっているのを聞いて

しばらく言葉が出なかったのを思い出しましたが

やはり不妊治療について全くご存知ない方にとっては

縁のない遠い話でしかないのが現状であることを目の当たりにした感じでした。

 

ご自身に不妊治療の経験がなかったり

身近に不妊治療経験者がいなかったりすると

なかなか現状を知る機会はないのかもしれません。

そう思うとこうして新聞の一面に記事が載ることは

とても有意義なこと。

多くの方に不妊治療に関する見識を持っていただくことは

出生率の増加につながるのでは。

 

初婚年齢が上昇し、女性の出生時年齢が上昇し

体外受精で生まれたお子さんの割合が21人に1人

(おおよそ1クラスに2、3人)

体外受精実施件数、日本は世界で1番だという状況。

 

不妊治療を受けるみなさんを取り巻く環境を

少しでも改善していけるといいなぁと切に思います。

 

ページトップ

はりきゅうマッサージサロン Raiz(ライス)

はりきゅうマッサージサロン Raiz診療時間(完全予約制)
月 - 土 
10:00- 19:00
   (最終受付) 
※日曜日・祝日は応相談

住所
東京都板橋区板橋4-27-3
▼JR埼京線板橋駅より徒歩10分
▼都営三田線新板橋駅より徒歩6分
▼東武東上線下板橋駅より徒歩10分

はりきゅうとは?